ページの先頭です。
レミッチ
  • 小
  • 中
  • 大

ホーム > 製品情報 > 作用機序 > 内因性オピオイドによるかゆみ誘発系とかゆみ抑制系

作用機序

作用機序

内因性オピオイドのβ-エンドルフィン等によるμ受容体の活性化は、かゆみの発現に関与していると考えられています。また、このμ受容体を介して発現するかゆみは、μ受容体と相反する薬理作用を示すことが多いκ受容体の活性化(ダイノルフィンによる作用)により抑制されることが提唱されています。

内因性オピオイドによるかゆみ誘発系とかゆみ抑制系内因性オピオイドによるかゆみ誘発系とかゆみ抑制系

NEXT PAGE ≫ 作用機序 レミッチ®の作用メカニズム

ページの上部へ戻る